店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南日本新聞で懐かしいM記者の記事を見つけた。最近 宮崎から転勤で戻ってきて 気づいた 鹿児島のバス事情についてだが、はっきりいって市バスへの苦言だ。赤字解消のためもっとバスを利用しましょう と 表示されているのを見て 「高飛車な言い方」に思える。運転手の愛想のない態度や乗客への不親切も目にする事があり、宮崎でのバスの対応との比較で厳しく言わざる得ないようだ。もっと利用してもらえるようにがんばります と言うのが本来だろう。
鹿児島市内でバスに乗ることはほとんどない。どこを通って行くのかがわからないからだ。おおまかに「中央駅経由 谷山行き」とあっても途中どこを通って行くのか、全くわからない。運転手に尋ねても、その停留所は「止まりません」と言い放って どのバスに乗ってください と、教えてくれない と言うこともM記者の憤懣のひとつだ。バス停には 時刻表が示されているが、00方面行きとしか表示されていない、鹿児島駅行きのバスなら天文館は通るはずだと思って乗ったらバスは方向の違うナポリ通りに入ったので 慌てたが 遠く回って、天文館へ向かい 終点まで行くバスだった、目的地に着けたが時間がかかりすぎた。姶良へ帰るために「姶良ニュータウン~伊敷ニュータウン」と表示された バスが駅に入ってきたので飛び乗ったら 姶良から来て伊敷へ向かうバスだった。どっちへ行くにも 同じ方向から やってくるので、運転手が「伊敷行きです」ろ一言言うべきだと思った。これは市バスじゃなかったな。バス停に路線をはっきり表示するべきだ、停車するバス停を知らせるべきだ。中には 道路を挟んで向かい合ったバス停なのに 停車するバスは全く違う路線と言うところもあった。バスは複雑なんだ。複雑で 表示するのも面倒だが、そんなことを怠って、利用者の利便に無関心で、利用しなさい と言っても、バスは不便 という印象は消えない。大阪では ちゃんと 停車する バス停名が表示され、バスは今どこのバス停に着いたかも知らせていた、待っている人は もう直ぐバスが来るとわかることで 余裕が持てる。
どうしても鹿児島市内でバスを利用しなければならないときは、事前に ネットで調べる。これもなかなか面倒。目的地の方向に行く路線がいくつもあったら その路線を全部調べなければならない羽目に。お年寄りでも 初めてバスを利用する たとえば観光で来た人にも、利用しやすいバスにするよう 要望します。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/567-e32366b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。