店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京は昨日 台風の影響で、大変な状況だったようだ。テレビでは 強風にあおられ既に敗れてしまっている傘を必死に支えている人、電車の運休で 帰宅できずに 駅に佇む人たち。台風は丁度関東の真ん中を通過したのだから、もろに影響を受けてしまうのは仕方ない。鹿児島でなら 台風が上陸するようなとき、皆雨戸を閉めた家に、止まって、外になど出ないのだが、さすが東京 眠らない街は、台風でも休まない町なんだ。
鹿児島は、全く と、言っていいほど影響なし。いつもよりは 少し 風がある程度。それより 前夜に降った 桜島の大量の灰 ここでいう ドカ灰の方に参った。台風が雨を降らすので 車に積もった灰を 流してくれるだろうと期待したが、降らず 残念と思ってしまうしまつ。台風で被害のあった地域の方からすれば 不謹慎なことだろう。明日からは 次の台風5号の影響で、大雨の予想。今度はまともに鹿児島に向かってくるようだ。今は梅雨時。先週末から、強い雨の日が何日もある。田植えを終えたばかりの田んぼで、苗が 水没してしまっているのを見て 大丈夫だろうかと、心配になる。去年もこの時期 大雨が続いた。舞の病室から隣の立体駐車場にたたきつける雨を、または うっすらと霞んでしまっている櫻島を眺めていた。付き添いを交代するはずの 母親が、あまりに激しい雨に、「怖くて運転できない」と 病院にいけない旨言ってきたこともあった。ベッドに横たわって起きれない舞は ただ 空から突き刺さるように、降ってくる 雨の筋を眺めるだけ。何を思いながら見てたのだろうか。外の雨の音は聞こえないはずなのに、ザーザーと激しい音が耳にうるさいような感覚で、二人 外を眺めるだけで、言葉を発せなかった。
もう直ぐ 一年。あの時 ずっと舞と一緒だった。仕事は1時間か2時間しか出来なかった。焙煎が必要なときは
3時間。午後3時 4時に 病院から姶良に戻り、夕食までにまた 病院へ、舞は ほとんど食事には手がつかない状態にはなっていたが、少しでも食べてくれるんじゃないかと、病室に急いだ。間に合えそうに無いときは、姉に頼んで 付き添ってもらった。たまには母親が、夕方行ってくれてる時は、私は 病院の扉が施錠される21時までに戻ればいい。しかし 母親は、病気を治すための宗教行為が大事と、「道場」と呼ばれる、彼女らの集会場所に行っていた。夕刻交代してくれる約束の時でも、道場に行ってしまって、結局行ってないこともしばしば。それをあてに、仕事に帰ってきてたのに、仕事を切り上げ 急ぎ 病院へ と言うことが 何度もあった。 いまになって こんな恨み言っている。あちらにしてみれば、自分が懇願した 宗教行為を 拒絶した 夫を恨んでいる。あらためて 舞を偲ぶ日を 間近にして、我が家は荒廃してしまった。修復不可能な状況。
台風や 大雨より づっと たちの悪い 荒れ様だ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/570-69052c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。