店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも ブログを書くときに使う 古いデスクトップのパソコンが、駄目になった。暑さのせいもあるのかも。
なんとかパソコンを復旧させてから と思っているうちに 一週間。ブログ更新せず、コメント等の確認も怠り。
昨日の予想外の訪問者の感激を ブログに記さねばと、ノートの方で書く事に。昨日の訪問者のお兄さん 七福神のリーダーだった、井上清春さんからコメントが 届いていることに気づいた。こんな 嬉しい ありがたいことを5日間も気付かなかったなんて、迂闊だった。
37年前の活動や「わたり鳥」が作られた背景 そして 今の活動などを 教えてくださった。昨日の弟Kさんとの会話でも 音楽活動を積極的に行っていて 弟さんもいっしょにやることも多いと 言ってた。次の日曜7月8日に チャリティーコンサートを主催して 催す。


こういう活動をずっとやているのだ。バンドを結成した大学時代も 長崎の療養所に出かけ、慰問の演奏をやっていて「わたり鳥」は そのとき、その療養所にいる 筋ジストロフィーの友人を励まそうと 作ったうただそうだ。
その 友人に届けるつもりの歌が、あの つま恋の会場にいたすべての人の胸を熱くしてしまったのだ。記念のべすとアルバムもいただいた。宮崎の風景が、自然が 随所に出てくる。心温まる歌が満載。一曲 恋人と別れた思い出の歌がある 作詞は昨日いらっしゃった弟のKさんだ。ロマンチストなんだ やっぱり。
コメントに 「これからも地道にやっていきます」とあった 地に足がついてる ということだ。音楽は楽しいもの、人を楽しくさせるもの、そして街を みんなを明るくしてくれるもの。井上ファミリーバンドがそれを実証してくれるはず。隣の宮崎 いつか聞きにいけるぞ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/574-73504243
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。