店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっと 舞の荷物を 母親が片付けはじめた。私には、触れることも許さず、部屋への出入りもさせず。舞の生活用具は、その後活用される事なく、積まれたままになっていた。
妹が 病室のベッド横に置き、使用していた 目覚まし時計を手にした。止まっている
針は 8時39分を指す。息を引き取った 丁度その時間だ。
持ち主の命と一緒に 時計も 役目を終えたのだろうか。
妹が つまみをまわすと 再び時計は動き出した。新しい時間を刻み始める。
「さぁ 一区切りつけて 先へ 進みなさい」 そう言われている ような気がする・
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/587-556416a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)