店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



奄美から

夜は 一人 ゆっくり。毎日だ。づっとテレビを見ていても、夜更かししても、誰を気にする必要もなく、好き勝手に時間を過ごしている。何もせず 無駄に過ごしている とも言えるが、なんとも心地よい。まだ 2週間余りしか経っていないのに、もう 何か月もここにいるような感覚になっている。友人らのほとんどに まだ 会っていない。町へ出るのは、配達の時だけ。おわればすぐ 戻ってくる。友人たちに 電話で 帰ってきたことを伝えたが、すぐ 鹿児島に戻っただろう と 思っていたようで、引っ越してきたことを改めて伝えると 一様に みな驚き、その 訳については、大方 予想をしてくれるので、こちらは 面倒な言い訳がましい理屈を言わなくて済み 有難い。ばったり 昔の顔なじみに出くわすと、お互い うれしさで、積もる話の わずかな一部を、立ち話の形で、長時間行ってしまっているが、これも そう長くないうちに、普通に 奄美在住者と認識しての、何等、感慨も起きないものに 変わってしまうだろう。
今 私の意識は、姶良 鹿児島 奄美名瀬、どこも私の居場所 生活圏として、身近な存在のままだ。しばらく この感覚でいよう。お世話になった人 大事な人 彼らと過ごした場所は まだ 記憶の中のものに固まってはいない。そこでの暮らしは続いていて、その地と疎遠になることなど 決して考えられない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/592-a111fa6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)