店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今宵の1枚で紹介されていた 今宵の1枚で紹介されていた 懐かしい曲の数々。ほとんど高校生のときに聴いた曲ばかり。 Hamilton, Joe Frank & Reynolds「 Don't Pull Your Love」邦題恋の駆け引き。クリフ・リチャード「Early in the Morning ]しあわせの朝。ミッシェル・ポルナレフ「 Love Me Please Love Me」。マッシュ・マッカーン[As The Years Go By 」霧の中の二人。サイモン&ガーファンクル「スカボロ フェア」そして 天地真理「水色の恋」。
ボビーソロの「ほほにかかる涙」。ビートルズ「ミッシェル」は 60年代で発表されていたが 私が聞いたのは高校のとき。カンツォーネを知ったのが ジリオラチィンクエッティーをしってから。ドメニコ・モドューニュの「ボラーレ」はその前に知っていたが、カンツォーネに興味を持った高校生の時に、そのレコードを買った。ビートルズも本当に聞き始めたのは高校1年の時、同じ部活にいたO君の家で、たぶんお姉さんのだったのだろうビートルズのLPを聴いてからだった。「恋の駆け引き」はCBSのオムニバス盤で聞いた。このLPには ほかに ホリーズ「バスストップ」シーカーズ「ジョージ・ガール」などが入っていた。20曲入ったLPの最初がこの「恋のかけひき」冒頭のピアノが印象的。長いグループ名だが、リズムにのって読めるので すぐ憶えた。ミッシェル・ポルナレフも、難しい名前だ。「ミセル ポルノグラフ」などと読んだりした。しかし あのころは大人気のシンガー 真っ黒い表情がわからないサングラスを常にしていた。なんとこの動画はサングラスをしてない。初めてかれの素顔を見た、驚きだ。「しあわせの朝」はグレン・キャンベルの「IT ONLY MAKE BELEAVE」と対で記憶に残っている。たぶん同時にレコードを購入したのではないか。同じころ 同時に この 2つの曲を聴いていた。マッシュマッカーンは ラジオで何度も聞いた。同窓生のほとんどが知っていて、口ずさむ者も結構いた。イントロのギターが出るとこの歌だとすぐにわかる。70年 71年は ビートルズ解散後の S&G時代 「明日にかける橋」「サウンド オブ サイレンス」「ミセス ロビンソン」「ボクサー」「アメリカ」そしてこの「スカボロフェア」も毎日のように聴いていた。
一番うれしかったのは天地真理。動画にほんとうにアイドルだった彼女がたくさん出てくる。田上姉妹が作った曲自体、とても気に入っているのだが、あのころの彼女の姿が、目いっぱい見れて満足。
今宵の1枚にはほかに 「ジョニ エンジェル」が紹介されている。この曲も 60年代のアメリカン オールウエィズの代表曲なのだが、私が聞いたのはずっと大人になってかあらではないか。たぶん 泉聖治監督の映画「この胸のときめきを」で 挿入されていたのを聞いた時ではないか。今では その映画のシーンとともに懐かしく思い出す、すてきな曲になっている。
聞いていて 高校時代に戻れた。ありがたい!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

いいですね!!
【2012/11/23 19:27】 URL | 山口孝志 天下無双 #mQop/nM.[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/596-673fd686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。