店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



二日続けて、ウォーキングに出かけた。40分早歩き。医者に言われている時間だ。
奄美に来て久しぶりに再開した友人たちは 一様に「太ったんじゃない」と言葉を発す。十六年前と比べて もっとも変わったのが私の体型。体重だ。「少し太ったんじゃないですか」と遠慮がちに言う人もいる。「かなり太りました」が,私の返事。友人たちは「歩いたらいいのに」「長浜だったらいいコースがあるでしょう」。私は「うん 歩かないとね」とこたえながら、全く実行していなかった。
以前 努め先が一緒だった一才年上のNさんを時々訪ねている。がっちりした体型の人だった。あのまま年をとっていけば 太った体型になるはずなのだが、とってもスリム。ウォーキング ジョギングが日課だそうだ。5キロ 10キロの距離をこなしている。そういえば Nさん 20年くらい前も歩いていた。ずっと 続けているんだ。見習おうと、今年の正月から毎晩歩こうと決め、元旦の晩、歩いた。二日の日は飲みに誘われ、実行できず、三日には歩いた。それから何回か歩いた。24回歩いてないといけないんだが、実際は5回くらいかな。
私の場合 体型ではなく、循環器のことが第一に気に病む。再発しないために、医者にも言われているのだ。私のことを心配して 市役所保健予防課のMさんは 最善の治療ができる病院を調べてくれた。こちらもまだ行ってない。今は何事もなくすごしているが、あの病は突然起こる。もし 再発したら覚悟せねばならない。体調はとりわけ注意しなければならない状況とは覚えない。実際はお腹が張ってるし、重たいし、好調とは言えないのだが、ずっと長年この状態。これが普段の私の体調なのだ。
ウォーキングは、回をこなすうちに体がそれを、習慣化させ、歩かずにはいられない状態になるだろう。毛細血管が発達し、血行は良くなると思う。体重はもっと食事にも気を使わないと、それを減じることはできない。お腹の周りのつまんでも握っても痛くない大量の脂肪を燃焼して少しでもスリムになりたければ、生活状況を改めることだ。ひとりだら~っと過ごしている夜にどれだけ我慢できるか。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/612-fefa9e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)