店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鹿児島県地区対抗女子駅伝の日。大島は五位。順位は去年と一緒だが、Bクラス優勝で、目標達成。一区で5位と粘ったこと と、中学生2人が期待通りの走りをした。3区が区間3位 5区は全国で区間8位だった赤木名中の3年生がみごと 一般 高校生の他のランナーを抑えて区間賞。高校生たちも粘って上位でのゴールを成し遂げた。
もう一つ 選手の気力を引だす要因となったのが 2区の滝田選手の出走ではなかったか。区間記録はあまりよくなかったが、母親を思いながら走っただろうし、応援する人たちも 彼女のお母さん 川照美さんを思っただろう。この大会に20回連続位出場。大島チームの支えであり この大会のシンボル的な存在としてよく話題にされていた。おととしだっただろうか、練習中に倒れ 意識の戻らないまま闘病中と知った。この大会で必ずその走る姿を見ていた人だ。驚いた。奄美では有名人。高校では器械体操、社会人になってからバスケット。結婚した頃から陸上競技。それも 100Mでも 1500Mでも島ではトップ。トライアスロンまでこなす。郡体と呼ばれる大会では街の代表として 陸上もバスケットも選手として選抜され参加。高校で器械体操のコーチもこなしていた。名瀬市の陸上競技協会で一緒に活動はしていたが 私は専ら審判員。彼女と走ったのは、一度だけ。ハーフマラソン大会に出た時だったが、150センチほどの 小さな体ながら バネを効かせたストライドの大きな走りで、ぐんぐん前にいき、数キロ走ったところで その姿は見えなくなった。その時、スタート前小さな女の子の手を引き戯れていた その時の子が今回の娘さんだったのだろう。ご主人は赤ちゃんを抱いていた。九州一周駅伝にも出ている長男の翔太くんだ。与論であった地区駅伝にも 赤ちゃんを連れてきていた、生まれて間もない翔太くんだったと思う。走り終えた後ずっと抱っこしてあやしていた。子供たちも母親はあこがれのランナーで誇りだっただろう。県地区対抗駅伝では 下位に低迷していたときも優勝した時も 常に全力を出し切り それでも次の大会に向けての反省も口にする。40歳を超えてもなおその向上心は旺盛だった。島の若いランナー達の模範だった。監督の森山さんもチームメイトも「Bクラス優勝を果たして 川さんに報告したい」と話していた。目標達成した報告を受けて きっと喜んでくれるだろう。みんなが回復してくれるのを願っている。娘の滝田さんの 胸を張って走るお母さんと同じフォームの走る姿を見て、胸が熱くなった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/613-00590b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。