店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



吉田拓郎と高橋真梨子

高橋真梨子が 今年 デビュー40年という事で、最近よく メディアに登場している。今日は吉田拓郎がホストを努める番組に登場。以前沢田研二と対談した時と同じ番組なんだろう。最後に拓郎が総評として「いかに旦那さんが素晴らしいか、これが わかった。」沢田研二が妻の田中裕子のために 毎朝 朝食を準備している事に 驚いたが、高橋真梨子のご主人 ヘンリー広瀬は、それ以上に、尽くしている。ミュージシャン高橋真梨子の活動を助けるため、同じミュージシャンの夫が 気を使っているのだろうか、それとも、家事に関して 何にも苦にならぬほどに日々勤めているのか。とにかく 旦那の話で盛り上がったが、高橋はそれに 心から感謝し、夫を尊敬もしている。
番組の冒頭、拓郎が 一番気に入ってる歌のフレーズとして、「五番街のマリー」の、「悪いけれど そんな 思い 察して欲しい」という歌詞を取り上げた。ペドロ&カプリシャスでこの曲を歌っていたのは 高橋 24歳の時、この男が使う「察して欲しい」を 若い女性の高橋が どう解釈したのか、それに興味が大いにわくそうだ。
私も何となしに この部分をよく口ずさむ。歌の主人公の気持ち全てがこの言葉に凝縮されているのではないか。
作詞の阿久悠がこの言葉を用いた事への感服も語っている。作曲者のことには 全く触れず。レコード大賞で作詞賞を獲得した「ジョニーへの伝言」同様 それまでとは全く違う言葉の用い方だった。
沢田の時は 拓郎がよく喋り 沢田は言葉を選びながら、返事をする、というパターンだったが 今日は 高橋真梨子がよく喋った。きっと 拓郎に話したい欲求があったのだろう。ソロになるとき 是非フォーライフレコードに と希望するくらい 拓郎に心酔していたそうだ。高橋の強烈な過去の話は、これまでに何度も聞いた。今日初めて知った事実は、14歳の時初めて上京して スクールメイツに入った。その時の同期に なんと 森進一もいたという話は ビックリ仰天の類。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/655-34d6b8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)