店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



テレビをつけたまま 寝てしまっていた。目覚めて頭を起こし、画面に目を向けると フィギアスケートの安藤美姫がインタビューを受けている。見出しに「出産 そしてソチへ」とある。彼女も浅田真央同様 結婚して 出産 という女性としての生き方への憧れを持っていて、その事を答えているのか と思ったら、何と 既に出産を経験して、母親になっていて、その上で アスリートとして オリンピックを目指すと言っている。生活全てをアスリートとして過ごすのでなく、ON OFFの区別をはっきりさせて、アスリートであること その前に 女性である事、両方あって自分だ という その意識で 今を生きている。
いいことだ。インタビュー後の コメントでもあったが、「恋愛すると スポーツに集中できなくなる」という意見が日本には多い。もし そうなったとしたら、そのスポーツの価値がその人にとっては恋愛より勝るものではなかったというだけではないか。アメリカでの生活を続けていた安藤には、恋愛とスポーツが対立する関係とは思えないだろう。「アメリカンは 恋人ができると より やるきを起こしてよい結果を出す」かなり前だけど、水泳の長崎宏子が言っていた。日本でも恋人の存在を明らかにするアスリートは増えてきた。ただ 一流選手に対してはプライベートまで探ろうとする輩が、報道関係にはいる。スポーツで頑張ってるんだから、プライベートで、何しようと 自由にさせておけばいいのにと思う。福原愛がデートしたって何もおかしくない。それを本人が謝罪する姿なんて見たくない、そんな報道いらない。松野明美を指導していた藤田監督が、厳しい練習に耐えている彼女達にせめてプライベートでは好きな事をやらせてあげたい」と言っていた。
普通 恋人ができると 生活に張りが出て、俄然やる気を起こすでしょう。アスリートだって同じだ。
安藤の場合 出産したということは、体に変化が出ているわけだ それを、回復しなければならないし、子育てという大事な責務も負っている。その上で オリンピックを目指すというのは、相当な覚悟が必要だ。周囲のサポートが欠かせない。1年間競技を休んだので 実績もなく、かなり ハードルは高そうだ。でも 挑戦する彼女を大いに応援したい。同じ意見をこのインタビューを見た、沢山の人が思っただろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/666-b7062a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)