店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


梅雨が明けた奄美。暑い。少し動いただけで 汗がでる。何度も作業を中断して、水を飲む。500ccのペットボトルに入れた水は、15分で飲み干した。また満たしてそばに置き、作業。またすぐなくなる。ほかにスポーツ飲料も牛乳もウーロン茶もサイダーも飲んだ。いったい何リットルの水分を摂取したのだろう。
7月に入った直後の梅雨明け。24年前もそうだった。6月半ばで勤めを辞め、東京のコーヒー学校で学ぶため、島を発ったのが7月2日だった。あの時もその前日梅雨明け。照りつける太陽で、空港駐車場のコンクリートがギラギラ反射して眩しかった。
東京は寒かった。まだ 梅雨からはまだ抜けてなかった。街行く人も長袖姿だった。居候先のR兄さんから借りたジャンバーを羽織って出かけた。梅雨だから連日雨。それから10日ほど後だったろうか 夏に変わったのは。7月を東日本で過ごすのははじめてだった。夏でない7月の経験が初めて。梅雨明け後は真夏の気候だったはずなのだが、
東京にいた一月半 暑いと感じたことがなかったように思う。ずっと 冷房の中にいたような。朝 宿泊しているR兄さんのアパートから 駅に向かい 小田急線に乗り 新宿で乗り換えて 池袋へ、電車の中、駅構内冷房。池袋東口から出てすぐ、三越横に 現代珈琲専門学院 がある。こちらは午後3時まで。その後は 地下鉄に乗って、後楽園へ あるいは 秋葉原へ、あるいは 神田神保町へ、ときには ちょっと遠いけど TKコーポレーションのあった 門前仲町へ、、合羽橋にもよく行った。丁度都市対抗野球をやっていた 東京ドームへ10回くらい行った。500円で入れ田。新日鉄堺の試合を4回見た。ピッチャー 野茂英雄が全試合完投した。佐々岡 与田の投げあいもすごかった。東京ドーム内野席3階も冷房が効いていた。秋葉原は駅下の部品専門店街をまず回って、外へ出る。パソコンの専門店が多かったが 私が行くのはオーディオの店。スピーカー 、ターンテーブル、カートリッジ など 購入。冷房の効いた心地よい店内で 長い時間過ごした。東京ドームから 水道橋まで さらに神保町までと歩いたことも何度かあった。でも きつかった 暑かった という記憶はない。神保町の古本街も楽しい町だった。マラソンランナーが練習をしていると聞いた神宮外苑にも行った SB食品の新宅 金井 中村 達が走っていた。木々に覆われ涼しい環境だった。駒沢公園の陸上競技場 平塚の競技場でも有名選手を間じかに見れた。代々木、の第二体育館ではバスケットの実業団大会をやっていた。三田と青山のライブハウスでジャズを聴いた。先日テレビの銀座特集で、バニーガールが出てきた。「おっ 懐かしい」と思ったら TKコーポレーションのTKに連れて行ってもらったあの店だった。珈琲店を尋ねて 下北沢 御茶ノ水 銀座などを巡った。毎日エキサイティング 熱い一月半だった。でも どこも涼しかった。実際に汗をかいたのは、多摩川の堤防沿いを 登戸かから 双子多摩川駅が川向こうに見える位置まで往復したときだけ。
東京から戻ると直ぐ与論へ。暑かった。喫茶海岸りで、手伝い。冷房はかかっているけど 厨房は全く効かず。一月だけ借りたアパートは冷房なし 扇風機さえなく、朝から 夜中まで ずっと暑かった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/667-284b8ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。