店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ことしの夏の甲子園で、決勝を戦った二高校の評判が頗るいい。そのマナーの良さによるものらしい。
相手チームに対して敬意を持っての行動らしいが、それらの中にはプロ野球でもときどき見られる行為もある。嘗ては当たり前のマナーが今は軽るんじられているのか。決勝の両校とも、よき社会人となるためのマナーの教育を施していると言うことが監督の談として伝わっている。二校が評判になるのは 勝利至上主義の学校が多くなってしまったからだろう。みんな勝ちたいのだからしかたないのかもしれないが、今年好成績だったチームで、禁止されている2塁ランナーが捕手のサインを盗み見て打者に伝える行為を行っていたことが、対戦相手から伝えられている。ランナーだけでなくコーチボックスから、掛け声に紛らせて伝達していたらしい。そうとわかれば 逆のサインを出して、貶めたり、ランナーの前に内野手が立って、捕手が見えないようにしたり、対策をとって成功した例もあるようだ。なんとしてでも勝ちたいのだろうが、何でそんなに勝たなければならないのか、事情があるんだろうか。
チームに関係なく 観戦するものにとっては、このマナーが大事。数年前のハンカチ王子のように、マナーの素晴らしさは、大きなインパクトになるのだ。
野球に限らず、応援したくなるチームはマナーのいいほうのチームだ。卓球部だった娘の中学時代 大会を欠かさず見学に行ったが、団体戦の決勝はいつも同じ中学の対戦。マナーのよいチームとそうでないチーム。当然マナーの良い方を応援し、そのチームが優勝していた。マナーの良くない方のエースは高校に進むとマナーのよいプレーヤーになっていた。指導者の問題なのだ。
姶良でよく観戦していた 高校のハンドボールの試合でも、強いけどマナーに関して顔をしかめざる得ないチームが、優勝していた。その監督は勝つために手段を選ばないことで有名だった。マナー良く としたら、相手に有利になることになると思っているらしい。ラフプレーも ペナルティーも 負けなければ ルール違反じゃあないというのか?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/686-7af263dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。