店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



昨日の疑問に NHKが答えてくれた。久保田早紀「異邦人」、誕生のエピソードを、番組で約30分にわたり 紹介してくれた。「私のためにありがとう」なんて あつかましく思ったり。
先ず 私がイメージした吉井淳二の「ペルシャの市場」でなく、平山郁夫が描いた、シルクロードの世界なんだ。そういえば NHKの「シルクロード」は、全く知らなかった中国奥地、天山山脈やタクラマカン砂漠、敦煌といった土地の様子や文化にすごく興味を持ってみていた。孫悟空や井上靖の小説の舞台で、ロマンあふれるシルクロードに、多くの人があこがれていた。
あの時初めて聞いたメロディーと思っていたが、「飛んでイスタンブール」「ガンダーラ」といった中央アジアをイメージした曲はあったんだ。
曲はファドのアマリア・ロドリゲスの歌を聴いて、イメージができたようだ。詩もアマリア・ロドリゲスの歌から、恋の歌である必要はないと判断し、作ったが、なんと 東京郊外を走る朝の通学電車の中からの風景が織り込まれているという。公園で遊ぶ子供が手を広げてみんなを呼んでるしぐさや、
自分の子供のときの思い出やら。
曲の誕生にはレコードディレクターの意図が強く反映されたようだ。久保田早紀の声の質に注目し、シルクロードに乗っかることを思いついたようだ、先のアマリア・ロドリゲスのレコードを何枚も久保田に聞かせもしている。それが コマーシャルとタイアップして爆発的に世間に広まったというわけ。
しかし、その現象で、自分を見失ってしまいそうな不安に、音楽を楽しめなくなった久保田は、子供の頃から好きだった教会の賛美歌に戻ることで、また たのしい音楽を取り戻したということ。
ユーミンの音楽に憧れ、一度はその位置につけたが、そこを保つのは、とてつもなく大変なことだったようだ。
今 生き生きとした表情で、小さなコンサート演奏を行い、ほんとに近い位置で、聞き手に語りかける様子は、苦しんだあとの判断がただしい結果に至ったことを証明している。
 やっぱり 若い久保田早紀も見たいよね
  
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/690-feb88781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)