店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


200g1万2千円のコーヒーを、紹介していた。経済ニュースを取り上げる、テレビ番組で。コーヒーは高級志向に向かっていると、サブタイトルが付いている。ゲストの「コーヒーハンター」を名乗る人物を成功者として紹介するために、つけたものだろう。顧客は、航空会社や有名ホテルなど。少ないではないか。一般の人が普段そんなコーヒーを飲むはずない。購入企業もそういう高級コーヒー豆を使用したコーヒーを使っていることを、売りにしたいのだろう。コーヒーハンターの意見は、「コーヒー市場を、ピラミッド型にしたい。低価格の普及品もあれば 超高級品のコーヒーもある。」
そんな高価格のコーヒーも出てます。しかし 普通に売れるのは、低価格のものです。というのが実際の状況だろう。番組内容にケチうをつけてるようだが、この価格にはどうしても納得がいかない。
ワインボトルのようなものに納めて、高級感を出そうとしている。いかに高く売ろうか と、工夫している。商売人としてはいかに儲けるかを考えるのは当然のことなのだが、コーヒー自体の価値は、こんなものになることはありえない。どんな管理が行き届いた、農園の、最高の環境の中で作られた、高級品でも、生産地に 一キロ6万円に見合う利益は還元されないだろう。日本人がばか高く買ってくれたからといって、農園労働者が喜ぶ、見返りはないんだろう。
ボトルを開けるとき、シャンパンの栓を抜くように、ポンと音を立てて線が抜ける。これはなるほどと思った。焙煎後しばらくは炭酸ガスを発生するため、私の場合 翌日まで、密封ビンの蓋をあけたままにしておく。もし、ふたを閉めてしまうと、次 開けたとき、やはり 大きな音とともに、ガスが一斉に放出され、中の豆も瓶の外に途に出してしまう。これはいいコーヒーだからではなく、焙煎間もないコーヒーは皆そうなるのだ。香りにしても、閉じ込められた放出されるときの香りはかなり強い。しかし コーヒーは、づっと香りを出し続けるわけではない。時間の経過とともに薄れていく。香りを逃がさぬよう炭酸ガスも閉じ込めておくことは、おいしいコーヒーを飲み続ける上でそれほど重要とも思えない。要は、香りが十分楽しめるうちに飲むこと。長く保存できる用法を考えるより、新鮮なうちに飲みきる。もし古くなってしまったコーヒーが残っていたら、処分して 当たらしいのを購入してください。そのために 手ごろな値段であったほうがよい。
喫茶業では、日常から離れた空間の提供という主旨から 一般にスーパーなどで売られているコーヒーとの差別化として、高めの価格設定をするのは納得できる。ある程度の高めだ。200g1万2千円は、どう説明できるのか、どうすればそんな値になるのか。本人は 「それだけの価値がある」と確信を持っているんだろう。買ってくれるから 設けよう なんて 考えるコーヒー屋はいない。コーヒーに愛を持つ人なら。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/697-dec5485e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。