店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オスカー ピーターソン

私の尊敬する ジャズピアニスト オスカーピーターソン が 23日 死去
大好きなピアニストです 喫茶店を始めるとき 店名を「ピーターソン」にしようかと思ったほど。 「ガールトーク」という店名も考えたが これも あの 小さな女の子がはにかむように笑っている ジャケットの オスカーのLPレコードからとったもの。
そして 一番好きなレコードも オスカーピーターソンの代表作 「プリーズリクエスト」
レコードに針を落として 最初に聞こえる 「タラン タラン」という 「コルコバード」のイントロ
に、気分が踊ったものだ。裏返して B面の you look good to me 続いて イパネマの娘
に進むと もう 最高。 同じものの CDも 買ったので 今は レコードに針を落とすことは
めったにないが スピーカーから 聞こえた時の 気分は やっぱり最高!
レコードのほうは これからずっと宝物にするつもり。
映像で 彼の演奏を見た時の姿も ずっと 目に焼きついている。大きな手がソフトに鍵盤を
たたく、ほんとに軽やか 大きな手は、指を広げて鍵盤に乗せるだけで オクターブ半ぐらい
違う音を同時に出せる だから そんなに手をめまぐるしく動かさなくてもよいのだろう。
そんな大きな手の指が ときには ぶんぶん蜂が飛ぶような信じられないくらいの早い音の
転回を、作り出している
その一音一音が、確かな音ではっきり 聞かせてくれている。「プロなんだから」だろうけど
プロであることの一段高い領域の音楽に思えてしまう
ベーシストの水橋 孝さん ドラマーの村上 寛さんと一緒に ジャズ喫茶で 「プリーズリクエスト」「ソウル エスパニョール」を聞いたことがある 水橋さんが リクエストしたのだ。
その時 日本を代表するジャズベーシスト 水橋 孝が「オスカーピーターソン完璧だなあ」
とつぶやいたのを 今でもはっきり憶えている。
一流プロミュージッシャンたちからも畏敬の念を持って語られる オスカーピーターソン
亡き この後も わたしは、20数枚のLPレコードと10数枚のCDで、接していける。
ずっと わたしを やさしく 心地よく 爽快にしてくれる 空気のように大事なものがオスカーピーターソンの音楽だ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/71-41b2f9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。