店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


九州高校駅伝。鹿児島女子高は2位。南九州代表をかけたライバル宮崎日大高は3位。ゴールした時、その差5秒。都大路をかけたレースは大接戦、レース中 ずっと5秒以内で競り合っていた。
このレースを見ていたわけではない。テレビもラジオも放送はなかった。鹿児島陸上協会のホームページで随時入る区間結果を わくわくしながらみていた。
一区で宮崎日大が4秒先行、2区で鹿児島女子が追いつき同タイムで3区へ。3区は僅かに鹿児島女子がリード、その差3秒。4区で、プラス2秒の5秒差で アンカーへ。鹿児島女子 上原と宮崎日大 林田のエース同士が競う。実績からしたら上原のほうが、絶対的に強いのだが、県大会前に痛めた足の甲が治っていない。それでも、リードを保ち、順位も4位から2位へ引き上げ 区間賞でゴール。宮崎日大 林田も直後5秒差でゴール。二人のその差は、ゴールでも変わらず。二人同タイムの区間賞。
鹿児島県民の私としては「良かった」と言うわけだが、宮崎日大の無念さも痛いほどわかる。あと少しだった ひとり1秒づつ 早ければ、1時間9分台の 全国でも上位につけれるタイム。県大会で敗れた小林に 1分以上の差をつけて 先着したのに。都大路へいけるのは県大会で28秒差で先着した小林。九州大会で是非 南九州代表の座を と 思っていただろう。1区で3位だった鬼塚は2年生、来年をぐんと期待させる走りだった。
1位は神村。1時間8分台で、全国入賞に近づいた。鹿児島女子も神村も、県大会より1分記録を縮めた。あと1ヶ月あまりの全国選手権まで、さらにタイムの短縮を期待したい。とくに 実は上原の怪我が完治すれば 相当な短縮が期待される。県大会3位の鳳凰も1分短縮の記録で8位。4県の1位校よりも良い成績だった。
男子もまた すごい 接戦だったようだ。アンカーおトラック勝負で、大牟田が逆転優勝 1秒差で 小林 4秒差で 鹿児島実業。この3校が2時間4分台。こちらも 12月末の選手権が楽しみ。鹿実で5区を走ったのが 奄美金久中からいった 榊君 区間4位ながら1位とは3秒差という好走だった。彼の同級生だった鹿児島女子の2区久保さんは 区間10位で不本意だったかもしれないが ライバルの宮崎日大に追いつきかわしたことで、役目は十分果たした。個人的に二人にも注目。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/728-cc01b247
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。