店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



地元の新聞にソフトボール大会の記事が載ってる。オールグリーンは負けていた。19対5 3回コールド。皆結構な年なんだから仕方ない。それにしても 3回コールドは、時間切れなんだが、早すぎる。ほとんどの時間守っていたんだろう。そう思いながら新聞を良く見ると、E級準決勝とある。これはすごい。3試合か4試合は勝ったんだ。A級からE級まであるうちの 一番下のクラスだけど、20歳代 30歳代の人たちのメンバーのチームにも勝ったんじゃないか。
オールグリーンは同窓生のチーム。30代半ばまではわたしも参加していた。いや やめると言った憶えないから、今もメンバーなのかもしれない。ただ 試合に呼ばれなくなった。自営業に転じて、都合で試合に出れなかったとき、鹿児島からやってきた同じ年の男に代わりにでてもらった。その男 もと野球部で、抜群の上手さだった。「まさき もう 出なくても大丈夫だから」と言われ、貸したユニフォームも戻ってこなかった。それ以降参加するのは飲み会だけ。もともと私は下手だった。応援に行っているうちに やりたくなって、始めた。ソフトボールよりも 同窓生達との付き合いが大好きで参加したようなもの。目が悪いからナイターでは エラーばっかし。それでも休日と 週一回中学校のグラウンドを借りてナイター練習を行い、ちゃんと試合に出て、ヒットも打てるようになった。会社のソフトボールチームに入るよう促されたりもしたが、同窓生達とやってるから楽しいのであって、職場でなんと言われようと、オールグリーン以外でソフトをするつもりは全くない。昭和55年結成。私は翌56年に加入。そのころは20代。元気一杯 野球経験者は2人しかいなかったが、練習すれば上手くもなる。B級で準決勝まで行った事もある。2点差で負けたが A級までもう一歩のところまで行った。このとき 以前大敗していたチームに 逆に大勝したりで、ほんとに試合も練習も楽しく、やれば強くなることを実感した。当時職場の上司が投手をやってた、「戸口壮年団」と言うチームと対戦したことがある。メンバー全員40代以上。わたし達が勝ったが、対戦したおじさん達の元気なプレーに感心した。わたし達は今 その人たちよりはるかに上の年齢。まだ 試合に出て頑張ってる同窓生達 天晴れ である。
今 誘われても 私は絶対無理。走れない 肩が痛くて投げれない。グローブは何処に行ったか15年くらい行方不明。
ソフトボールを手にしたのもはるか昔の記憶しかない。わたしが出た最後の大会でホームランを打ったのははっきり憶えている。相手は嘗ての勤め先のチーム。最後に出た試合は多分負け試合だったはずだが、記憶にない。いい思いでで終わっている。また出て 恥ずかしい思い出が残ってしまうのは確実。次の大会 応援に行きます。たとえメンバー不足でも絶対出ません。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/746-1d26232d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)