店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



奄美市では、駅伝大会。正式名称は「成人祝賀市内一周駅伝」。もともと成人の日だった1月15日に行われていた。でも成人の日にちなんだ催しは何もなし。走るのは新成人でなく、小学生から50歳代までの地区の代表。選手が偶々新成人と言うこともあるだろうが、みな優勝を勝ち取るために選ばれた人たち。わたしの自宅前もコースになっている。行きの第2区、中学生女子の区間。帰りは第5区 高校一般女子。最も注目される区間。県大会陸上競技で、上位に入った中学生が走る。高校生には全国大会で活躍した選手が走る。行きは注目の笠利の選手が、快走していた。力強い足取りで ぐんぐん前に行く。最後尾が住用地区。県大会800m2位の選手がいたが、この人じゃなかったのかな、どうも重そうな走り。、多分姉妹だと思うが、同じ姓のひとが12区にエントリーしている、そちらだったか。でも 二人とも上位の力が会ったはず。何かアクシデントがあったのか。帰り、全国級の二人、鹿児島女子高の久保さんと、大島高の濱崎さんは段違いの速さだった、明らかに他の人とはスピードが違う。濱崎さんの級友らしき女生徒が数人歩道を自転車で追っかけてたが「早すぎる」と、その速さに唖然としていた。距離が1.7キロと短いので、ほとんど全力で駆け抜けたのだろう。順位が入れ替わってた。行きに最下位だった住用が2位 先頭だった笠利が3位。その前の 一般男子の区間で 大きく順位が変動したのだろう。3.195キロと距離が長いので力の差が、大きな距離の差になる。わたしも30半ばに2度出走したことがある。一般男子は4.5キロと5キロの区間があった。どちらも走った。どちらも山を越えるコースだった。今は全距離42.195キロに設定されているが、以前ははるかに長かった。わたしの成績は、自慢できるものではなく、5キロ走った時、二人に抜かれ、差を広げられダントツの最下位になった。抜いた二人が区間1位2位で、中継点での順位も他の全員を抜いたこの二人が1位2位だったそうだ。ちょっと言い訳。翌年 選手の要請はなかった。40台になったらまた頑張ろうと思ってたが、ぶくぶく太りだし、走りそうな様子も見えなくなり、今では走ったら死ぬかもと、医者に言われてる。見てるだけで楽しい。わくわくもする。きつい思いで、頑張って走ろうなんて気には全くならない。
さて 今日注目した女性ランナーが来週は霧島路を走る県地区対抗駅伝に出る。県でトップクラスの高校生が4人いる。来週はテレビでしか見れないが、大島地区が上位にいたら、テレビ画面に出てくる頻度は高い。全コース見れるかも。楽しみ。一週間後が待ち遠しい。
s-DSC00797.jpg   s-DSC00801.jpg
                                           あっ!という間に駆け抜けていった笠利地区
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/749-659ece4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)