店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大学3年ときニュースで「財田川事件再審決定」との報道を聞いた。翌日、刑法の講義で教授がそれについて説明した。講義は刑法の各論だったはずだから、教授はほんらいの講義から離れて解説したわけだ、それだけ重要なニュースだった。そのとき 「開かずの門」「白鳥決定」「古畑鑑定の不信」という言葉を聞いたのを憶えている。それまで再審が認められたのは、真犯人が登場して 無罪が確定した「弘前教授夫人殺害事件」くらいで、ほとんどが棄却されていた。白鳥警部事件で、「疑わしきは被告人の利益に」という 原則が再審判においても適用されるとして、門がすこし開きやすくなったが、それでも 再審は認められない。その理由に「法の安定性」ということがあるのも そのときの講義で知った。その直ぐあと数ヵ月後 免田事件の再審決定という報道も伝えられ、こちらの方がマスコミにより大きく取り上げられ、開放された免田栄さんが頻繁にメディアに登場していた事をよく憶えている。その頃冤罪事件として取り上げられたいくつかの事件についても、そのゆくえに対する興味で、報じられていたが、袴田事件がその中に入っていたかは、憶えがない。ボクシング界が支援していたこの事件はその後、わたしもよく知るようになった。アメリカでも同じようにボクサー、ルビン・カーターの無罪を訴え、ボブ・ディランンが「ハリケーン」を発表したのもその直ぐ後。
このたび 袴田事件の再審が認められ、裁判官は「証拠捏造の疑い」をも指摘して、警察 検察を批判。普通に見ておかしな点は多いのに何故その指摘が取り入れられなかったのか。「決定した判決は、変えてはいけない」と、法の安定性の原則が重かったのか。小田原や高知の冤罪事件の判決は、検察つまり国家の判断を正当化するため詭弁を並べているとしか思えない。今回も検察は即時抗告するらしい。しきたりみたいなもんだろうか。本当にどう見てもおかしい事を、正当だと 主張するのだろうか。たぶん 検察官個人個人はおかしいと思っても、組織として、おかしなことを通し続けないといけないのだろう。そこには被告人へ与えてしまった苦痛など、微塵も感じ取れない。人間の感情が欠けている。裁判官の厳しい指摘に反発してとか、高裁の違う裁判官なら、とか、考えていると、新聞に載っていたが、なんだか駄々っ子みたい。潔く 決定を受け入れ、抗告断念する事で、社会からは賞賛されると思うのだが。
映画「それでも僕はやってない」で言っていいたように、国に人事権をもたれた、国家公務員の裁判官は、国には逆らえない。そう、思う裁判官もいるだろう。高知の「警察と違う事を言っているから、信用できない」といった変な裁判官。激しい雨が降っていた小田原で、現場の公園だけは、降ってなかったかもしれない」とか、本気か?とううたがうようなことを 言う裁判官が確かにいた。警察や検察の裏金問題で、彼らが潔癖な組織出ないことは皆 知っている。志布志では事件の捏造が 警察によってなされた。とにかく 組織のためなら、嘘もつく集団。世間はそんな目で見て言る。健全な正義感旺盛な警察官だって 沢山いるだろうに、組織に邪魔されているんじゃないか。
疑わしきは、被告の利益に 国家の利益じゃない。原則に従って、袴田事件の再審が行われることを期待する。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/773-11401d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)