店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長く更新を怠っている。やはり 心配している旨の音信が届いた。最後の記事が病気のことなので、不安に思った方もいたようだ。
元気です。真面目に欠かさず服薬しているおかげで、血圧はかなり下がりました
仕事が忙しくて、時間がなくて、と、更新を怠けた言い訳をよくしてきました。今回も忙しくてなのですが、毎晩屋川に通うので忙しい。屋仁川は、歓楽街 屋仁川通りのこと 嘗ておなじ事業所で働いていた、後輩女性 みーさんが お店を開業。喫茶業の経験のある私に「手伝って。教えて。」と言ってきたので、「よしよし」と彼女のためならず 自分が楽しめそうと、応じているしだい。尤も、彼女も飲食店でアルバイトの経験あり。人気者ゆえ 沢山の協力者もいて、わたしの手助けなど必要なかったのだけど、私の勝手で 押しかけて、ちょこっと手伝い、一杯のビールと カラオケ一曲を楽しませてもらっている。
その計画を聞いて、「やるんだったら、できるだけの協力はするけど、なるべくならしないほうがいい」と思ったのだが、その3日後、「店舗、借りる契約したから」という、知らせには、「早い!」と仰天し「困ったな」とも。女性はやっぱり度胸がある。
わたしが依頼されたのは、調理器具を設置するための 台を3つ作る事と、警察、保健所にへの提出書類に添付する、図面を作る事。これならできる。「忙しい時と怖い客が来た時は連絡するから来てね」忙しいときは手伝うけど、怖い客に対して私はなんお役にたたない。これは 合気拳法の師範である、M君が知り合いと言う事で 彼に任せることに。
紆余曲折しながらも、予定より一ヶ月遅れて、開店にこぎつけた。同時に息子さんの大学受験。無事合格して、その準備で、町を離れていたり。昼間は努めの仕事。ほんとに大変だったと思う。
二人の子供がまだ 幼い時期にご主人を亡くされ、苦労したと思う。その ご主人が遺した財と人脈が、大きな助けになっているようだ。
ほんとは わたしが手伝いに行こうが 行くまいが、営業に変わりはないのだが、私の楽しみで、押しかけていた。でも、余計な男がうろついては、店の評判にも良くないだろう。時々客として店に顔を出すだけにして 普段は家で ブログの更新に努める事にします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/776-78f8ef23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。