店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たまには 料理の話を。試してみたら、予想以上に美味しかった、パスタ。いつもは コンソメ味にするのだけど、和風だしを使ったら、すごく美味しくなった。具材はいつもと同じ。ベーコンに、たまねぎ、ナス、しめじ パスタと一緒に茹でたキャベツ。作り方も、にんにくと鷹のつめをオーリーブ油で炒めて、具材を加え、茹でたパスタとキャベツを投入なんだが、いつもと違うのは茹で汁を多めに加え、和風だしを入れ、塩と醤油を少々。これだけ。これが美味しかった。
血圧高めの事情で、普段から薄味。独り身ゆえ、夕食は、一人分だけ、ご飯は摂らず、麺とパスタが中心。スパゲティーも、コンソメで味付けするが、ホワイトソースにしたり、トマトソースにしたり、卵を加えてカルボナーラ風にしたり、工夫はしている。新しい味のパスタで、たのしみが増えた。しかし わたしには初めてのことだが、世間の主婦には普通のことなのかもしれない。
学生時代から料理はしていたが、毎日作るようになったのは、転勤で与論に行ったとき。料理雑誌を読んだり、テレビの料理番組を見たりするのが、楽しみだった。ただ 基本的な常識は欠けていた。「昆布はみずのうちに入れた方がいいんだってよ」と言ったら、「あたりまえ」だった。そういえば 学生時代初めて味噌汁作った時も 出汁がいることを知らないで、味噌だけ溶かして作ったんだ。
与論から実家にもどり、その後妻となった人が同居した20年くらいは、飲食店主として試しに調理することはあったが、食事は作ってもらっていた。婚姻が破綻し始めた時から、また 自分の食事は自分で作り始め、じつは 一人だけ美味しいものを食べていたような気がする。そして 今 料理は楽しい。肥満は常に気になるが、脂肪とナトリウムに気をつけつつ、またたらふくにはならぬよう、普通の野菜や肉類を、美味しいと感じる喜びに、満足。
熱海のyouさんのように、写真を撮っておけばよかった。と思ったのは、空になった皿を見つめながらだった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/794-68492473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)