店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奄美の小学校から熊本の中学校に入学した時、熊本はやはり都会だった。そして 熊本の中学生も、都会的。おしゃれだったし、上品だった。八代から来たイソダ君と言う同級生がいた。13歳にして、髪は七三に分け、額ににきび。なによりませていた。われわれが知らないエロティックな話題に豊富だった。性に目覚めて間もないわたし達は、ぞくぞくして彼の話を聞いていた。将棋が趣味で、数学が得意。そのイソダの強烈な思いでは、入学間もない時期の遠足。バスの中で彼が、わたしの知らない曲を歌った。恋の歌だ。遠足だから、学校行事、教師も一緒にいる中で、唱歌でない流行歌を歌ったことにビックリ。学校外ではわたしもラジオやテレビで、覚え知った曲を口ずさんでいたが、遠足で歌っていいんだろうか?教師は何も言わなかった。その後 マイクを渡されたみなが、タイガースやワイルドワンズの歌を歌い始めた。GS全盛の時、NHKしか映らない奄美では見れなかった、タイガースやゴールデンカップス テンプターズと言った華やかなGSが眩くて、日曜午後は寮に一台しかない食堂のテレビの前に何時間も腰掛けていた。この年のレコード大賞は黛じゅんの「天使の誘惑」だから、ほかの人気歌手も活躍していたはずなのだが、次から次出てくるGSの演奏ばかりが思い出に残っている。フォーククルセイダースの活動もこの年一年だったから、ラジオに夢中になっていたら、もしかして と思うが、彼らの風刺の効いた曲は、まだよく理解できなかった。高校生達が口ずさむ歌だった。わたしもフォークルの曲を、いろいろ知るようになったのは、中学を卒業する頃。 中学一年は、色気づいたわたしにもわかる切ない恋を歌う、かっこいいお兄さん達の映像を鮮明にさせた年だ。
あれから 45年。今でも時々、GSのメンバーがメディア出てくる。当然 おじいちゃんみたい。沢田研二は「昔ジュリー 今 じじぃ 」と自分で言っている。でも 皆 まだ ギターを引くし 音楽を楽しんでいる。わたし達が集まる夜の盛り上げに、GSの曲をカラオケで歌う。やまだ君が必ず歌うのが「長い髪の少女」でも 高音部声が出ないので「どうぞ~ぼくだけに」はわたしの担当。二人で楽しむ。いつものお店「ジャストパブ」の3歳年上のYUMIKOママのためにタイガースを歌うと喜んでくれる。
少し感性が大人になったような 幸せな中学時代にきいた サウンド。高校になると、もっと多感に、悩みも強く、そんなときに身近にあった、フォークソングのメッセージが、どちらと言えば、内面に大きく入り込んでいると思う。でも 悩みがあったか同かもわからない 幸せな時に聞いてた、GSはいつでも楽しさを覚える音楽を与えてくれた。
「真冬の帰り道」ランチャーズが見つからない
キャンディ-ズも歌ってる。                            ヴィレッジシンガーズ


 サベージ                                 ワイルドワンズ


そういえば 大学紛争の嵐のなか
それを思い出させた歌                             ブルーコメッツ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/797-13b3ea2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。