店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールの功

出水に行った娘と 毎日 メールを、交換している。
昨年末に 新しい職場に転じて 遠くに行ってしまった 娘とは、初め 毎晩電話で話していた 
家にいるときは、顔をあわせても 一言 二言 会話するだけだったが、会えないと 恋しくて 毎回
30分以上 電話で会話してしまう。 娘は 携帯電話しかないので こちらも 携帯でかける。同じように 母親もやっている。そんなわけで 1月は、大変な額の 携帯電話の請求書が来た。
娘から 「メールにしよう」と提案された。親としては 可愛い娘との会話のためなら お金が掛かっても仕様がない と思うのだが 娘の方が 心配している。
私が 毎日 娘に メールを送り 娘から 返事が来て それに さらに返事を返す と 言った具合
メールの仕方がわからない母親は ぐんと 娘との 対話が、減った。私が教えようとしても 面倒がって憶えない。私から 教えられたくないのかも 対娘 という事では、敵対関係ということか。
PCに届いた メールを 時々 プリントアウトして、母親に見せている たまに 一人暮らしをして 判った親のありがたさ に 感謝の言葉があったりすると 「こんな風に考えているなんて嬉しいね」と喜んでいる。母親からの電話は、ほとんど愚痴だったようだ。亭主の私に話しても 何の反応も返ってこないので、娘だけが聞いてくれる相手だったわけだ。 娘はそれに ただ あいずちを返すだけで 自分のことは 近況報告だけにしていたらしい 私相手のメールでは 自分の内心や悩みを、打ち明けるので、娘の思いがけない 言葉に 驚いたようだ。直に言葉では、言えなくても メールなら思い切れるんだろう。聞かされなくても メールで 意思が伝わるなら これは メールが断然いいと思ってしまった 母親が メールを憶えて 娘に何か伝えようとする時 感情そのままの文章を作ることは ないだろう、冷静になって相手のことを考えて 通信するだろうから 受信者にしてもよい結果になる。
相手の顔を見て話さないと、伝わらない大事な内容の話もあるだろうが、普段のコミュニケーションを遠隔者と、とるのに メールはいいな と、思うこのごろです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/80-70da098e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)