店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



7月最後の日は、台風の影響で大荒れ。昨夜から強風に雨。今朝は雨も強くなり、いつもなら明るい陽差しでまぶしい朝6時が、夜が空けきれぬような薄暗さだった。奄美では明日から祭り。先ずは花火で幕開けの予定だった。2週間後に延期。他の行事は、多分 台風は早めに通り過ぎるだろうとの予測で、予定通り行われる。ただ 家族みんなで楽しめる花火の延期に落胆した市民も多いようだ。
7月は熱かった。スポーツイベントも多い。高校野球、中学総体。ローカルでは「郡体」と呼ばれる、一般人のスポーツ大会本当は、「鹿児島県体育大会、大島地区大会」なのだが、大島郡の大会で「郡体」。でも奄美市は大島郡ではないから適切ではないのかもしれないが、昔からそう呼ばれてみな 認識している。
過去にはわたしも、陸上10000mや5000mに出て ビリでゴールしたこともあった。その後審判員を長くやっていた。今は見るだけ。物足りなさも感じるが、この炎天下で、ずっと立っているのは今のわたしには無理だ。
今年はテニスを見に行った。与論から親しい二人がやってきたから。わたしが与論の選手として、走っていた頃、R君はバレーのエースアタッカー、I兄は、野球の監督、その当時で、40歳は超えていた。まず Iやかの試合。与論では年上の男性に「やか」ということばをつけて呼ぶ にいさん の事だ。そのIやかが元気に走っている。ボレーを決める。口も絶好調。勝利した。試合後わたしを見つけて、「体型が違ってるね」やっぱりわたしの出っ張った腹に目が行くんだろう。「今 何歳?」「うーんっと、59歳から年は数えない事にしてるんだ」 鹿児島にいるとき電話で話したことがある。「もう 還暦だよ」と言っていたのは、何年前だったっけ。結局68歳だと白状した。すごい 68歳で あんなに走れるなんて、ダッシュできるなんて。彼がエントリーしてるのは45歳以上のクラス。多くの選手は50代だろう。一回り以上若い人相手に、あの プレーは驚きだ。次の試合も勝利。見ていただけの私は、炎天にさされて頭が痛い。そういえば5月にまた 孫が一人増えたなんて話もしたっけ。恐るべしスーパーおじいさん。その夜。慰労会でも絶好調。おおいにはしゃいでいた。というのは、メデオのコズエ日記のやかの娘さんからの情報。一方Rは、年齢54歳、見るからに若若そう。しかし かれは一般の部に出場。やはり20代のせんしゅには勝てなかった。このふたり20年前、奄美で県大会会った時にも大島地区代表で出場している。ずっとテニスを続けているんだ。もう一人女子で、Fさん 彼女も与論であってたときはバドミントンチームのアイドルだった。今は、ン才?こちらも立派。まさか 与論に他選手がいないと言うわけじゃないだろうな
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/805-72d1885c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)