店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台風は、以外にも強かった。気圧が980から990ヘクトパスカルと言う事だったので、問題ないと思っていた。対策は何もしなかった。夜中 4時 激しい風の音にめを覚まされた。「シュー」「バタンバタン」「ざー」そして遠くで「ゴー」我が家店先のガラス窓が「バンバン」。服を着て、表へ。雨戸をひっぱりだす。ガラス窓の隙間から、雨が打ち込んで、床が濡れている。
雨戸がなかなか引けない。途中で何度も引っかかりそのたび一度戻して、また 引っ張る。40年前、父が作った雨戸だ。戸車など換えた事ないのでは。3枚だして 4枚目がどうしても戸袋から 出てこない。私はびしょ濡れ。あきらめて、3枚だけ 等間隔に置き、その隙間に何も飛んでこない事を祈るしかできず。
前回の台風は950Hp位だった。強い台風とわかるから 皆 事前に十分な対策をとり、被害はそれほどなかった。台風の中心が、遠い位置を通ってくれた事も幸い。
今回は前回と同じ程度の風と雨。しかし 街の様子を見ると、前回のような、頑強な補強はやっていない。今朝になっても、風雨は衰えず。やってきた兄が大声で何か叫んでいる。雨戸を全部閉めて来いということだ、自分は2階に上がり、雨戸を閉める。2回の雨戸は雨漏りを防ぐのに欠かせない。外へ出て、明け方引っかかって動かなかった4枚目をハンマーで叩き 何とか動かせた。5枚の雨戸で、ガラス窓を保護。また びっしょり。
しかし 家屋の被害が出てないので、厄介な台風かもしれないが、散々な猛烈な台風ではなかったのだろう。2年前二つの台風で、おおくの屋根が飛ばされた時としたら、今度の台風は、まだ良い と言うのが島の人たちの感想かも知れない。6年くらい まともな台風を経験していない私と比べたらみな余裕がアル。
市役所へ行くと、職員みな 普通に勤務している。暴風で、欠勤者が多いのではと思ったが、みなちゃんと仕事していた。
しかも、3人からコーヒーの注文を頂いたり、強風の中行ったかいがあった。
昼過ぎ、市役所近くを車で通ると、合羽をつけ かさをさした女性が、強雨風に煽られ立ち止まったりしながら歩いている。さっき 市役所で注文してくれたMさん。車を止めて、「乗って」と声をかけたが、「濡れてるからいい」と言う。また 傘が飛ばされそうになり、必死で抑えている「かまわないから 危ないから」それでも「もう近いから」行ってしまった。
なんだか 振られた気分。こっちの心の痛手は大きい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/806-6fa7c92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。