店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



2月からは 真面目に?毎月病院へ通っている。薬もきちんと飲んでいる。ただ 血圧の値が思ったようには下がらないため、先月、以前掛かっていた南九州病院に問い合わせてみる旨、医師から伝えられていた。今日診察の際、その届いたレポートを見せられ、その、内容を医師が口頭で伝えた。「2月3日、スーパーで買い物中発症、その日は昼食抜きで、夜 ラーメンを食す」本当は、「歩いてスーパーに行く途中 異変を感じたが、そのまま スーパーへ向かい、買い物を済ませ、帰る途中に歩けなくなった」「昼食だけでなく、朝食も抜きで、一日焙煎をしていたが、寒い日で、水分もほとんどいとっていない」。薬の事だけではなく、病状の詳細を、報告してきているのだ。続けて、「心臓も一度止まった」ほんとは2度です。「かろうじて命は助かった」。ばれてしまった。私は見た目 至って健康なので、医師はこのレポートに驚いたようだ。「専門医のところできちんとした検査を受けてください」。市内にある循環器科のある2つの病院を示して 「どちらにしますか」。もうひとつ 同窓生チカコが看護師をしている病院は、今 循環器の医師が不在らしい。なるべく詳しい検査のできない病院、なんて まだ 子供じみたことを考えてたが、もっと詳しい検査を、と 言われるかも。結局 一番大きな病院になったが、あの 入院してのカテーテルの検査だけは何とか避けたい。
確かに あの日、救急車で運ばれた、霧島医療センターで、 治療前に 医師が、「危険な状態ですと言った。退院後、通院して診察を受けることになった、南九州病院の医師の第一声は」「運が良かったねぇ」だ。知り合いの看護師も、「二度も電気ショック受けて、全く後遺症のない人なんて見たことない」。医療関係者にしてみれば、わたしの今は 奇跡のようなものなのか。今日の医師も、「今度の医師が、信じられない と言うかもしれませんよ」
検査は 来月始め。最近 焼酎が飲めるようになっていた。やっぱり 駄目だ!と言うことか。それまで 節制。なるべく良い検査の数値にして、入院は免れるようにしなければ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/812-e85c2549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)