FC2ブログ
店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「沖縄ノート」裁判

大江健三郎が被告となった「沖縄ノート」の記述に関する裁判で 大阪地裁は原告の請求を全
て棄却する判決を出した。大江文学の信望者のわたしは 少し 嬉しさと安堵を憶える 少しと
言うのは、例え 裁判結果がどうであれ 大江文学の 評価に影響は全くないことを 確信して
いるからだ。
判決では、駐軍隊長だった原告が島民に 自決することを命じていないとしても 軍の関与は
明らかで 住民等が 命令を受けたと主張する 根拠となる事由は 多数存在していて 被告
人も その証言から 命令の存在を認めるのは理に適うと言うことだ。
隊長でない他の軍人が言ったとしたら 徹底した上意下達の軍隊の構造から 隊長の命令と
人々は考えるだろう 「私は、貝になりたい」のなかで 言われた 「上官の命令は 天皇の
命令として 絶対に逆らえない」と言う台詞は、相当な誇張としても 軍組織の 構造を 明ら
かにしてくれる。 昨日の新聞に 原告に提訴を促した元軍人の 投稿が、出ていた。「当時 
捕虜になる前に 自決すべしという 風潮が 国民全体にあった 自決は 本人の意思でやった
もの」と言う意見だ。そういう風潮は、軍と軍の為の教育が 作ったものだろう
現在だったら そういう風潮を知ってる 隊長は 自決を止めさせる行動をしていなければ 無作
為を罪として問われることだろう。
判決で 集団自決があった場所には必ず軍がいた 軍のいなかった場所では 起こっていない 
と述べている 軍の存在だけで 住民は 自決するしかないという 脅迫観念に襲われたのだろ
う。命令を発した事はなくても 住民は 逆らえない軍の意を あきらめてくみ取ることしか出来な
かったのだ。
原告等は 自分が残酷な命令を出し不幸な事態をもたらしたと、されることを苦痛に思い 提訴し
たものだろう。戦時の阿鼻叫喚の状況を体験し知っている。集団自決の悲劇、惨さも認識してい
るきっと 「二度と戦争はしてはいけない」という信条は持っているだろう。裁判はあらためて 戦
争の残酷さを認識する機会にしなければならない。4000人の兵士が死んでも なお 「戦争は
正しかった そして 勝利した」と威勢を見せる どこかの大統領は、兵役逃れを企んだらしい 
やったかどうかは、あいまいにされたが 戦場には、戦闘員としては 行ってないらしい。 こうい
う為政者の戦争論こそ 否定しなければならないと思う。日本の政界でも 長老といわれる 人
達は たとえ タカ派といわれても 本人が 戦争を体験していれば 軍事行動にはより慎重に
なっている。問題は、40代 50代の議員等が 野党であっても 集団的自衛権を主張したり 戦
力の国外進出を 訴えたり 国のメンツとか国際的立場ばかり重視している。「自分達は 戦場に
行かなくていいと思って、簡単に言うな」「もし戦争に参加するなら 決めた 政治家が真っ先にい
け」という 世間の声には 「そうだ そうだ」と同調せずにいられない。
死ぬ確立がグンと高くなる戦場になんか行きたくない。敗戦で不幸な事態になるのもこの国に
生まれたのだからしょうがないといわれたくない。人にいわれて 自決するのも戦争だから仕方
ない、なんて、絶対 受け入れられない とにかく 戦争だから 人は沢山死ぬんだなんて 当た
り前のように 決め付けられる状況の時世には、してはいけない。
裁判で 明らかになったのは 戦争になると 絶対あってはいけないことが 起こってしまうのだ 
ということ。原告も被告も戦争があった故にこの裁判に関わらなければ成らない不幸な身になった
ということ
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

川元さん
判決の詳細を読みましたか?
告訴した側は、集団自殺を強制したことは事実ではない、と述べて、大江健三郎を批判して、告訴したのですよ。
そして一、二審ともに、事実である証拠は見つからなかったと付け加え、大江自身も伝聞だけを元に書いたことを認めています。また他の作家が入念に調べて、発表しています。事実であるという証拠はないと。まだまだありますよ、裁判で述べていることは、大江健三郎の記述を認めたのではありません。『大江が故意に事実を捻じ曲げたのではなく、大江は事実だ思っている』と判断して、裁判所は控訴を棄却したのですよ!事実認定は一切していませんよ!
これは民主主義国家では、表現の自由、出版の自由というのがあって、出版を差し止めることはできないから、棄却したのです。日本は明らかに民主主義国家です。
もう少し、資料をしっかりと読んで下さい
【2020/07/24 22:48】 URL | 倭 #-[ 編集]

伝聞というのは、事実を認定する資料にはなりません。これが、歴史学者だったら、アウトです。作家だから許されるのです。学者の世界だと、客観的な一次資料を示せ、伝聞は事実認定することは素人のすることだと批判されます。ましてや、大江健三郎は学者ではありません。作家であり、注目されることが念頭にあります。でも喩え、作家であっても、このような人権無視は本来は許されることではありません。あなたは人権を叫び、平和を愛しているようですが、事実を観ないようにしている
【2020/07/24 22:58】 URL | 倭 #-[ 編集]

悪魔の証明
事実かどうかは、事実だと述べる者が証明しなくてはならない。なぜなら、事実ではないと証明することは不可能だから、例えば、『幽霊が存在する』と述べたら、その存在を示さなくてはならない。存在しないと述べた者に存在しないことを証明することは不可能。永遠に探し続けなくてはならないから。だから、大江健三郎は人権を無視したのだから、それに相当する程度の証拠を見出すべきです。
【2020/07/24 23:14】 URL | 倭 #-[ 編集]

証言を嘘とは言ってませんので、間違わないで下さい。歴史は事実をもとに、語られなければならない。問題は軍の命令があったかどうかです。今のところ命令の証拠は一切ないというということです。また当時は追い詰められており、様々な理由により自殺を余儀なくされるのは、認識していますよ!それをもって、軍の命令があったというのは別でしょう。伝聞を信じているのなら、軍の命令はなかったと証言しておられる者もおり、自殺を隊長に止められたという者もいます。これは嘘だということになります。
だから、これは歴史家に任せるべきであり、物語を作る作家が介入することではないし、実名をだすべきではない。実名を出した時にはすでにアウトです。赤松大尉は住民の自決を止めたという住民の証言があり、これを大江氏がしらないとは言えない。捏造であると勘繰られることになり、集団自決は命令によってなされたと主張する者にとっては、大江の著書は葬り去るべきものです。歴史家の間でもまだ、事実の認定、否定に分かれています。いいですか、『集団自殺が軍の命令でなされた』ということが真実であっても、捏造で論じることは、信憑性を問われることになります。これ以上は専門家に任せるべきです。学者でない大江氏は軍の命令説の足を引っ張ることになります。大江氏を尊敬されているあなたには厳しいでしょうが、学問とはそういうものです。
【2020/07/25 00:36】 URL | 倭 #-[ 編集]

伝聞とはまた聞きですので、つまり大江氏は本人ではなく、また聞きで物語をつくったのです。もし歴史家がこんなことをしたら、笑われますよ。作家だからできたのです
>赤松大尉は住民の自決を止めたという住民の証言
これはまた聞きか当事者の証言なのかはわかりません。
裁判において伝聞証拠禁止がありますので、大江氏の意見は裁判でもおそらく取り上げられなかったはずです
【2020/07/25 01:05】 URL | 倭 #-[ 編集]

しつこくてすみません。大江氏を尊敬しているあなたには厳しいことを言います。
伝聞[また聞き]で作った物語を、”ノンフィクション”として出版するのは完全に間違っている。さらに伝聞で他人を罵倒するのは、非常に問題だと思う。
【2020/07/25 01:19】 URL | 倭 #-[ 編集]

軍において、命令とは文書でなされるものです。また軍が勝手にそのような命令を出すことは不可能です。もし軍が出したとしたら、国つまり政府レベルがださないと無理です。その場合もまた文書があります。組織というのは文書がないと動きません。ですから、もし軍の命令で生じたとしたら、各部隊長レベルで行っているはずです。そうなると、沖縄にいた数百人~万人の軍人が納得したことになります。その場合に一人も反対にしなかったというのはどう、説明したら良いのかわかりません。10人程度の分隊レベルでそのような命令がおきたというのなら、あり得ます。
【2020/07/25 09:05】 URL | 倭 #-[ 編集]

申し訳ない。
間違いました。沖縄ノートには実名は記述していませんでした。
>実名を出した時にはすでにアウトです
は間違いです。
【2020/07/25 09:51】 URL | 倭 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/82-691da3bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)