店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熊本マリスト学園11期生同窓会

45年ぶりに、熊本の電車通りを、行く。昔と同じだとおもった。45年前の風景など憶えている筈もないのだが、あの時と同じ感覚になっている。6年前の同窓会に「次回は私も参加させてください」と 祝電に添えたが、それを実現することが出来た。奄美在の同窓生達のおかげ。他の皆は高卒後42年だが、中学で転校してしまった私は45年ぶり。嘗てのというか 昔の 同級生達に会える。
会場の料理店に入り 会場の3階に上がるのに 4人の見知らぬ者の後を行った。彼等も同じ会場に入った。不安になった。「知らぬものばかりでは」と。会場は男ばかり 溢れんばかりに満ちて 賑わっていた。見覚えのある顔がある。7月 奄美にやってきたUも居る。ほっとしたところに「川元さん 幼くなったんじゃない」と声がかかった。あのやんちゃ坊主だったIだ。その隣は 人吉のS 「幼くなった」って ここの言い方だったっけ。大きかったKも小さくかわいかったO も。部活を一緒にしたY。もちろん1見では判らぬものも。名札を見れば 思い出すのだが 私の隣の席のTY君など 凛々しくなって印象が違う。私が転校した後 、高校から入ってきた人たちも居る。彼等も初対面の私に、声をかけてくれた。45年前に戻るのに時間はかからなかった。ほとんど 寮で生活を一緒にしていた輩。いたずらっ子も、生真面目も、いろんな少年達がいた。男子校だった故、女の子への興味が強かったのは みな 共通かな。
近況を語り合ったあとは あの時 どうした あいつはあぁだった。話がはずむ。熊本弁がこんなに聞こえてくるのは 懐かしくはない。45年前と同じ環境に居る気になっているから、あのときの日常だ。みんなの声、話し振りがそのまま。憶えてないと、思ったものも、判ってきた 思い出した。
昔の自分で、接しているので、今の身分や状況に、関知せず。医者 歯医者が沢山居る。大手銀行の役員。社長の息子だったものは 今社長。中には社長職を退職して、大学院に入り研究を始めたものも。今は それぞれの分野で活躍中。そして これからも元気で活躍しようと声を掛け合い、あっという間の 同窓会は終了。
先輩が経営しているライブハウスへ 移動して2次会だが こちらは バンド演奏が続く。曲は我々が学園生活をしていた60年代後半から70年前半の頃の局。毎朝聞いてたベンチャーズや GS など。同窓生に一人 芸能人が居る。名前は ふとがね金太 世良正則とツイストのドラマー。今はソロで活動している。彼の爆笑思い出話と、中年応援歌を楽しみ、時は過ぎて行った。ただ 音楽を聞かざる得ず、隣と会話も出来ないのが不満。毎回 このパターンらしく これを楽しみにしている人も多いのだろう。久しぶりの再会に興奮した私にはまだまだ話し足らず、心残り。でも 良かった 楽しかった。次も是非参加しようと思った。
一次会の会場は 大きな中華料理店だった。ちょっとビックリしたのは 料理を運んでくれる、おそらく学生アルバイトだろう 女性達制服がチャイナドレス。その両サイドのスリットが太ももよこまで 深く切れていて 見えるんじゃないか?なんて 相変わらずの変体親父が出てしまった。ずっと ここが会場ということは、もしかしたら 女性に大いに興味を持っていた元少年達も、それが気に入ってたり しないか。余計な詮索か。
来年もやらないかな、また 直ぐ会いにきたい。 いや もちろん同窓生達にだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。よろしくお願い致します。
【2015/12/01 10:20】 URL | 鬼藤千春の小説・短歌 #g.qUwJtQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/842-d2605fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。