店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入院

3月14日 県立大島病院に入院。目的は血管のカテーテル検査、心筋レシチン検査。別に何の症状もないのだけど、先に行った、CT検査で、「重度の狭窄 6っ箇所」という診断を受けてしまった結果による。そのカテーテル検査を何故受けたか。毎月診てもらってる近所の医師に しつこいくらい勧められたから。
昨年末、血圧が高めの日が続いた。薬は飲んでいるのだが下がらない。忙しく 睡眠不足にもなっていたせいだと 自分では判断していた。「カテーテルを入れて しっかりどういう状態かを 知る必要がある」と言われていた。「仕事を休んで入院までは」と ためらっていたが、CTなら 入院しなくていいと、受けてみた。それが、ショックな宣告を受ける最初の検査。
「これは 絶対カテーテル検査が必要だ」という事を私も納得せざる得ず。
病人でもなく 元気なのに 入院 となってしまい、不本意だが、全てのお客様に連絡して 承知してもらったので、気分はそれほど落ちこむ事もなく、文章を沢山読める と、 文芸雑誌 2冊 週刊誌 1冊持ち込み。
翌15日 カテーテル検査終了直後、2回目のショッキング宣告。「今 治療が必要な箇所は2箇所、一箇所は 心臓に近く 二股になっているところで治療が難しい。」「万が一トラブルがあったら 鹿児島にヘリ搬送しなければならない。だから 鹿児島の心臓外科がある病院で治療したほうがよい」
また 入院だ しかも 鹿児島に行かないといけない。そして その日の夕方、病室にやってきた医師は「3月でやっちゃいましょう」「30日入院して31日カテーテル
3日で退院できるず。」
鹿児島の医療センターで31日なら空いていることを 確認していた。「もし そこが詰まってしまえば死にます」と 言われているから 従うしかない。もやもやしているより 早くやってしまったほうがスッキリもするか。また お客様にお知らせしなければ。
すみません 私の不摂生で ご迷惑おかけします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/845-d70dbbf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。