店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



無事に退院できました。
3月30日 鹿児島医療センターへ入院、4月2日退院。ステントを2本挿入。6年前に入れたのとあわせ3本のステントは私の体の中にあります。こんだけありゃ金属探知機にひっかかるも。
名瀬での検査で、血管が狭くなって治療を要する箇所が2。一箇所は、幹静脈の心臓に極近い場所で、二股になっている。ステントを入れることで、分かれてる一方の方が狭くなってしまう、難しい治療。もし トラブルがあれば、心臓手術になる と言うことで、治療症例の多いこの病院ですることになったのだ。医師から「一時間の予定だけど、石灰化して硬くなっていたら削らなければならない 場合によっては2時間」と言われていた。CT検査では石灰化の疑いが言われていた。31日 予定より一時間半遅れて始まった治療は40分で済んだ。その後安静が必要で、歩けず、腕が固定されたままでは不便で きつい時間があったが、心配してた割りには、かなり楽だった。直後に見せて貰った心臓付近の画像に。太くなった血管に勢いのある血流。良かった。病室へ戻りながら、車椅子を押してくれている看護士に「スキップしたい気持ち」と話すと、声をたてて笑ってくれた。
翌々日朝 退院。ご飯は美味しかったし、食堂が備わっているから、眼下の鹿児島の町並みを未ながら食べれた。ロビーには興味深い雑誌も多数。入院時に付き添った娘以外、病室に尋ねてくるものはいなかったが、鹿児島在の同窓生達に電話をかけまくり、同室の、親が奄美笠利の出身と言う男性と共通の話題が次々出て、会話が弾んだ。何より4日間の入院ですんだ。私にとって貴重な4日間だったと、思えるように鳴るだろう、これから何事もなければ。それは 私の普段の健康えの意識の持ち方しだいだろうな。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/847-17aa62f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)