店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


29年前の私が

youtubeの動画で春一番コンサートを見つけた。西岡恭三とカリブの嵐 の演奏でコーラスに
レージーヒップのちあき 金子マリ 亀淵由香がいる、後ろでギターを弾いてるのは石田長生
見覚えあるぞと思ったら 1979年の最後の春一コンサートの動画だった、会場の天王寺野外
音楽堂に私もいた 西岡恭三は、最終日最後の出演だった。プロデューサー兼司会者の
福岡風太に拍手を贈ってと 促し 観客に「立ってくださいますか」と恭三が言うと 会場の全員
が従がって立ち上がり 拍手を送る光景に 「すごいな」と感激したことを はっきり覚えている 
2,3人前のほうで「何で止めるんだ」と 声を上げて不満を訴えていたが 皆は 毎年 自分達
を楽しませてくれた この春一コンサートと福岡風太に感謝をしていた。づっと会場にしてきた
天王寺野外音楽堂が、なぜか 取り壊されるのだ。
次に センチメンタルシティーロマンスの演奏を見た・これも同じ春一番コンサートのライブだった
そして 観客席を撮った映像に 29年前の私を見つけた。黄色いシャツに、ロングヘアー
座っていて 下肢は見えないが ジーンズを穿いて 足はサンダル履きのはずだ。そして口髭
が、ない。大学時代のほとんどの期間 髭を生やしていたが 4年生になった一月前剃っていた
会場では 後部の座席を左右に移動しながら見ていた 12時から17までの長丁場 ひとところ
にずっと座ったままではきつく時々 最後部に立って背伸びをしたりして また 他の席に移動し
て違う角度で、ステージに注目すると、いう様にしていた 西岡恭三のときは もっと 左の席
に、いた。
私の中では 29年前も 今も 気分は同じで、すっとコンサートの時空に溶け込める。画面の様
子を、現在の事として見ている。写っている自分と見ている自分は、同じ人物であり 29年の
時間の開きは、なんら気にならなず、意識にもあがらなかった。が、あらためて 数時間経って
思うと、昔の思い出となって、記憶の部分から意識に上がってくる。懐かしさを、憶える
この日は 電気店のアルバイトを休んで行った。「大学に行かなければならない」と うそを言っ
て休んだ。コンサートは 4日間 ゴールデンウィークの期間に行われた、例年は3日間だが
最後となる、このとしは4日間だった。前年などは、3日間とも行ったのだが この年は 大学で
受講している講義がない日は アルバイトに行っていたので ゴールデンウィークの休みの日は
づっと労働ということだったが、最後の春一番コンサートの 最後の日だけはどうしても見たくて
つい、嘘を、言ってしまった。で、 本当に 行って良かった。
関西のミュージシャンの総出演である。名古屋 東京からのゲスト出演もある 加藤登紀子
洪 栄龍 三上完 友川一樹など 前年のセンチメンタルシティロマンスの演奏では コーラスで
まだ学生の 竹内まりあ がいた。伝説の関西2大ブルースバンド上田正樹とサウスツーサウス
北京一とソバッドレビュー が、解散した後だったので そのメンバーだった中西康治 石田長生
有山淳二らがバックで、何度も演奏する 人気シンガーだけでなく バンド コーラス すべてで
観客を楽しませてくれた。 出演者も出番でない時は 観客になってる 私の横で 友部正人が
綺麗な奥様さんと かわいい赤ちゃんをあやしながら 楽しんでいた 私の 2,3、席前にいた
坊主頭に派手なバンダナの男が、気が付けば 舞台にいて ブルースを 歌ってた。
名物観客もいて 舞台の上から出演者がその客の男に 野次を飛ばす 面白い光景もあった
コンサートの間づっと 楽しめた 最後を見届けたあと 残念な気持ちより 爽やかな満足感の
方が大きかった。天王寺野音は、直ぐには取り壊されていない 。3ヵ月後に加川 良 とレー
ジーヒップの コンサートを見たのが 私が 天王寺野音にいった最後だった。 春一で聞いた 
ミュージッシャンたちを益々気に入り メディアにでると 熱中して聞いた。もう 他界して 聞く
ことが出来ない 高田 渡 西岡恭三は、あの時のまま わたしの記憶の中で生きている 
憂歌団はバンドとしてはもう見れないが 木村のダミ声は健在 加川良や中川イサトは 今の
方が 若く見える逆に 西岡 たかしは 御大と言われるにふさわしい風格になってきたが 
優しい歌声は健在。ピアノを弾く中西康治をテレビで見ることがある テロップで名前が出なけ
れば判らないほど貫禄が付いてる。
私は、変わらず と言っても 思考感覚であって 鏡に自分の姿を写して気づく年月の経過
浮腫んだ頬 厚みのある 腹 映像にいる私 体重50キロ ここにいる私 体重72キロ
春一コンサートを楽しんでる私 ウエスト68 今の中年の私 ウエスト83 人が見たら 
やっぱり 笑われるほど 違っていた。
春一番コンサートは、会場を変えて復活している。29年前の出演者も 多く 演奏している
29歳 年をとった シンガーの歌を聞きに 29歳年をとった ファンが来ているんだろうか
今の コンサートの様子も 見てみたい。 29年経った今の私は、まだ あの時の興奮を憶え
ていて、 あの時のミュージッシャンが大好きで あの時聴いた音楽を今も 聴いている。 

 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/85-46bdc3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。