FC2ブログ
店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「竹内まりや 駅 」を聴いて 思う。

竹内まりやの「駅」に、はまってしまった。
日曜日、テレビ 関ジャニ 竹内まりや特集を見てから。大阪 天王寺野音での春一番コンサートで、センチメンタル シティーロマンスのバックコーラスをしていた デビュー前の彼女を見たのが1974年だったかな。そのすぐあとデビューしたが、いきなりアイドル的な人気で、私としてはそれほど興味は持てなかった。
数年前に出た 「人生の扉」には共感できてたが、私の中でクローズアップされたのは、数か月前。NHKSONGSの中で、名瀬小学校の子供たちとの交流が取り上げられて事。イベントで 彼女の「いのちの歌」を、合唱する5年生に、竹内がメッセージを贈り、応えて子供たちも 手紙をしたため送った。このエピソードを知ってから。
この「駅」に関しては、ジャズにアレンジしたものを、CDで、聞いていたので、曲は、馴染みのものであったが、歌詞をしっかり認めたのは初めて。番組では最後にある歌詞「このまちに ありふれた夜がやってくる」について竹内の「どうしようもないことがある」という解説を伝えていた。思い浮かんだのは森高千里の「渡良瀬橋」西島三重子「池上線」。でも、番組でその前に取り上げた「元気を出して」が頭に残ってた私が思うのは、主人公の次のセリフは「まっ いいか!」そうすると 映画「ジョゼ虎」の最後のシーン 「風と共に去りぬ」の最後のセリフに、行きつく。
これより印象に残った歌詞が「なつかしさの 一歩手前で こみ上げる 苦い思い出」。そう あったあった 「あの一言がなかったら」「あんな手紙出さなきゃ」って思う事いくつか。
こうして思い耽ると 「私も 年を重ねてきたんだ」と感慨しみじみ。
番組で見た2000年の武道館コンサート。後ろで 山下達郎がギターを弾いている。ピアノは天才 難波寛之 最後のアルトサックスソロは、ジャズ界のレジェンド 82年には奄美でも演奏してくれた土岐英史。すごいのをみたような。

竹内まりや 駅 2000年武道館ライブ
スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/882-185a3be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)