FC2ブログ
店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



舞の7回目の命日。
今年も 墓参りをしてくれた 姶良の晴香さんからメッセージが届いた。天候が荒れてる中 3人の子供の手を引いて「舞ちゃんに会いに行こう」と、出かけてくれた。8年前のあの夜。もう 最後だと彼女に連絡をして、オートバイで駆けつけてくれた彼女が 病棟の入り口についたとき 舞は息を引き取った。直後 部屋に来てもらった彼女は、舞の横で泣、き崩れていた。間に合わなかったことを、悔やんでいるとは聞いたことないが、無念だったのでは。もう少し早く連絡できていれば。
翌日 仮通夜..。 前日残業で 連絡がついたのが遅かった 佳那さん 入院中、外出許可をもらってお母さんに抱えられながらやってきた愛美さん 指宿から駆けつけてくれた香織さん 島からも古仁屋の美菜ちゃん 舞とは高校で一緒だった身重の千菜 中学での大の仲良し 佳奈子さん 3人は進学した 国際大 音楽科の同級生 この仮通夜が久しぶり再会の場になった。そして住んでた出水の仲間たち。この仮通夜、次の日の通夜 翌日の葬儀にも大勢で来てくれた。水俣や 川内で舞が親しくさせてもらってたご家族も、遠路を来てくださった。 通夜の時は 中学の同級生たち。葬儀の時は高校の多くの同級生たちが火葬場まで付いてきてくれた。最後の食事の儀は 親類の分しか用意してなかったけど、舞のためには、この友人 同級生たちと 共にすべきだった。49日の法要には 鹿児島にいた晴香さんが出席してくれた。舞が幸せな時を過ごすことができたこの人たちのおかげであること、ずっと感謝している。
あの 最後の日 元彼のゆう君が たまたま 来てくれてた。既に意識を失てるかのような無反応の舞の手を取り 励ましてくれた。
その時は、二人 恋人どおし戻っていたのかも。「ゆうくんは、誰かしっかりした人がついてないとダメ」 舞が言ってた。ゆう君 いい人見つけて幸せにやってるかな。舞も 彼方で、願っているよ。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/885-f7ce9fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)