FC2ブログ
店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



三島由紀夫と東大生達の討論。
TBSで、映像が見つかり 映画化された。
でも、この映像 昭和の終わり、1983年だった思うが、TBSの番組「報道特集」で、確かに見た。出演者のコメンテーターが、当時学生ではなかったが、会場にいたということで その、姿も写っていた。同じ映像に間違いない。
違うのは 報道のされ方 今は 三島の視点で語られている。以前観たときは 学生の方にスポットが当たっていたように思う。
あの時 真剣に三島に挑んだ学生たちの何人かが その後自死している。今回 天才と持ち上げられている 芥という男は、自信なき程で 三島の意見に迎合してしまい、他の登壇者から「東大全共闘の名が泣くぞ」と、ばかりに批判されていた。
多くの学生は、革命とまで言わずとも、改革のための戦いをしていたわけで、右翼思想の三島は 保守の代表に思えていたのでは。
作家 三島由紀夫のファンも当然多くいたはず。もちろん彼の著作の素晴らしさは 誰もが認めるところ。ただ、武力蜂起を訴えるような 政治思想に関して、私は全く許容できない。自身の美学を貫いたことに 見事さを見出して 好感を持つものもいるかも。それならいいが、今 世の風潮が 三島思想を容認してしまう事であっては たまらない。昨今の政治状況から、どうしても危惧してしまう。
この討論会 に、山本義隆氏も出ているようだ、山本先生を尊敬する、東京の山元が教えてくれた。先生の著作 「私の1960年代」を、読んでいるところだ。後継世代から「何でも反対」せだいと言われたりするが、世の理不尽をただすために 全力で戦った世代。成し遂げられずに終わったかもしれぬが、その成果は大学自治の意識を高め、安易な警察権力を戒め、行政の本来の目的を顧みさせる事ができた。その後 学生運動 全学連が一括りにされ、ブンドと呼ばれる小集団同士の抗争、そこから派生した暴力集団の愚行により、一般には悪いイメージが植え付けられてる。
80年代には 光州事件 天安門事件、いまは 香港で、理不尽と戦う 学生たちを世界中で、理解し 応援している。破壊行為は容認できぬとも、起因する事象に対する彼らの抗いは全面的に支持できる。日本では政治意識の低さが、話題になる。持たずとも支障ないのであれば、平和な証拠かも。でも そんな風潮に乗じて怪しいことを企む勢力には対峙しなければならない。徴兵制を問われ「いやでも 決まったら従うしかない」という若者がいた「馬鹿者」と、しかりつけたい。
DSC01530.jpg

スポンサーサイト





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/892-7f6bd88a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)