店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



何人も 楽しく 豊かに 暮らす権利がある

昨日のテレビで、ドキュメンタリー番組の賞を獲得した番組が放送された。大阪毎日放送
の 女性記者がディレクターになって製作した、番組で、尼崎で起こったJR福知山線
脱線事故の被害者女性の必死に回復を目指す姿と。支える家族の話だ。必死に生きる
ところから 始まる。事故により 脳挫傷を起し 医者は 「命を取り留めても 一生植物人間
状態で しか 生きられません」と、宣告した。脳の状態から はっきり そう 断言できた
だが 家族は「奇跡が、起こると 信じよう」と この被害者のために、彼女のためだけに
普段の生活行動を、尽くす。
初め 見ながら 「この 被害者の 変わり果てた状況や、家族の苦労を 加害者のJR西日本
は、判ってるのか しっかり見ておけ」と、事故に対する 憤りを強く持たされた。
それが 番組が進むにつれて 「生きること 命があること、強い意志をもって日々を生きれば
可能性も より多く もてること」それと 「絆の大きさが 大事なこと」
憤りを感じてたのが 全く 消え 奇跡と他人が呼ぶ 現象は、人の普段の行動により
実現するという ことを伝える 内容に 引き込まれていった。
やがて 医者が不可能とした 意識の回復があり 言葉が、発せられ 意思を伝えられるよう
になり、手足の運動能力も、つらさに耐えリハビリに励んで 少しずつ回復する。
そして あらゆる場面で 家族が 一緒になって 行動し支える。
私が 何故 この家族の姿に、気持ちが揺さぶられるかと言うと 一緒にテレビを見ていた
障害をもった義理の兄のことを考えるからだ。19歳で、発症し30年以上たつが、状況は
変わらない 病名も 一定せず とりあえず 「統合失調症」となってる 常に 落ち着きがなく
小さなことでも気になりだしたら自分をコントロールできず、意識を伴わない行動に走る。
私たちはそのたびに 兄を叱る。それは 兄に教えているのではなく 我々の憤懣を抑える
ために感情を出して 発散している。テレビで見てるあちらの家族は 何をされても 笑っている
脳が 幼児のレベルまで破壊されたのだから 感情のままの行動で、当り散らすことがあっても
問題なく当然のこととして 受け止めている。 その前に 我々は 本気で 兄の病気を 治そう
と考えているか。「直るのは難しい」と。医者に言われたことがあるらしいが、その医者はどういう
人かと言うと 適当な診察で 直ぐ入院させ より 状態を悪化させたという。何年も 状況が
変わらなければ、もう 無理かな と思うかもしれない。でも なんとしてでも という 強い
きもちは、持たなかった。どちらかと言うと「私たち家族の生活に支障が出るから何とかしたい」
が本音だ。私は もう 慣れている、と言うのが正直な感想。今のままでも 支障はない
しかし 妻は、深刻だ 大事な自分の兄弟と言う意識の支配は、どうしようもない。
「兄がこうで申し訳ない」 と言う感情と「どうせ 私しか 本気で兄のことを考えない」という
不満の両方を 夫に向ける、私がしなければ と、思いながら 私一人じゃどうしようもない
と ひとりで抱え込んでる 不幸を 感慨として持ってる。普通に生活できるようにさせたい
と言いながら 人の前に 出させて 動揺させる名がかわいそう とも 言う。
たぶん こうして 兄のことを書いているのを知ったら 「兄を さらし者にして 他人だから
平気なんでしょ」 というだろう。私の 実の兄弟だったら、書けないかも と私も思う
テレビの家族も 変わり果てた 娘を 世間に 晒すことになるかもという 葛藤はあっただろう
ディレクターも 見せていいものか悩んだと言ってた。でも 今のこの子は、私の娘 私の妹
と、言う事実は、厳然として 誤魔化す必要はない。いま この子がやってることは今の彼女の
普通の行為だと思えば 問題はない。
今 生きて 日々 生活している 私たち もっと 喜ばしいことに目を向けて行こうと意識しよう
不幸ばかり 探して 嘆いているのが 馬鹿馬鹿しい。
妻が理解できない私の行動があるらしい 私が あきれてしまう妻の行動もある 兄に
それがあって、当然。他人と違った行動でも 兄はそうすることをわかってるのだから 怒鳴って
不安定を 増長させないで 穏やかに笑っていられる言葉を掛けよう 二人だけで ビールを
飲んで しばし 語らった時 「きょうは とっても 嬉しかった いい気分」と、言ったことがある。
その時一度だけ聞いた言葉だ。兄との 共通の 楽しみは、いろいろあるだろう。兄も 私も
昔 陸上競技に関わっていた。 一緒に走ろうか メタボの今の私には無理か。キャッチボール
でもいいな。 兄が穏やかな日々を、過ごせるようになるには 何をすればよいか 本気で
考えようと 思ったのは、 あの家族の 様子をテレビで見たからだ。よく 出てくれた よく
放送してくれた。我が家からも 感謝を込めて 賞を贈りたい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

はじめまして
blog読ませてもらいました(^^
もし よければ私のblogもペタしてくださいね♪
【2008/06/16 11:19】 URL | あち #-[ 編集]

ふら~と立ち寄ったら長居してることに気づきました
楽しかったんで(勝手にw)お気に入り登録させて頂いてます♪
ブログつながりで昨日もたまたま面白い記事を見つけたんですけど
とても興味深い内容でしたのでよかったらどうぞ♪
http://designblognt.web.fc2.com/
これからも楽しいブログをお願いしますね!また遊びにきます^-^
【2008/06/18 05:06】 URL | ミズタマ。 #-[ 編集]

あち様
ありがとうございます 私のつけた適当なタイトルを、目に留めてくださったのでしょうね
そちらの ブログも拝見させていただきました
みんな 頑張ってるのに よくならない
やっぱり 社会制度が、おかしいのでしょう
多くの人が、声を上げないと 動きません
みんなで訴え、変えさせましょう。 
【2008/06/18 16:59】 URL | 店主 #mZ/5EvT2[ 編集]

ミズタマさんありがうございます
こんな 朝早い時間から 活動しているのですね。
ご紹介くださったブログもぜひ 読ませていただきます
【2008/06/18 17:04】 URL | 店主 #mZ/5EvT2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/92-1ec38983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)