店主の気ままなひとり言
珈琲工房かわもと店主の、ほとんど独り言

プロフィール

川元 正樹

Author:川元 正樹
店主です。よろしく!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



コッキーポップ特集

youtubeで 高木麻早の「一人ぼっちの部屋」 思い出が多すぎて」を 見た後 
リストに ウィシュの「御案内」を見つけた。 さらに 高田真樹子「屋根」
葛木ゆき 「木曾は山の中」。これは、コッキーポップだ。
次々聞いていくと 次々出てくる 懐かしい曲。それで、今でも 歌える曲ばかり
昭和49年 50年頃 毎日のようにラジオで聞いていた 
ヤマハのポピュラーソングコンテスト あのポプコンの入賞曲を紹介する
大石吾郎司会の番組だった。ポプコンから出た ミュージッシャンと言えば
中島みゆきをはじめ 稲葉晃 あみん などがよく知られているが 他にも 
沢山の才能と作品が、世に紹介された。その良い作品、それぞれが ずっと
心に残っている。ウィシュは、福岡KBCラジオのテーマも歌っていた。短い曲が
3曲 どれも覚えている 高田真樹子の「屋根」のレコードは ヨロンの(海岸通り)
の奥さんに貸したままだが どうなってるだろう。「木曾は山の中」はチューインガムの
お父さん 松田構さんの作品 ほんとに 胸に染み入る歌だった。熊本大の教授を
している Kが、浪人中に聞いて「涙が出てきた」と言ってたが 私もその気持ちは
わかった。これでもかと言うほど落ち込む言葉を並べた 中沢京子「待ちわびて」
奥野節子「やさしい雨」 田島裕子「目をそらさないで」 柴田容子「ミスターロンサム」
この4曲は 同じ回の入賞曲だったと思う、矢上純子の「しあわせの国へ」という
アップテンポの曲もあったが、これは今回見つけられなかった。私は ラジオと
それを 録った(当時の言い方でエアチェック)カセットテープで、聞くだけだったが
みんな レコードになっていたんだ。
高木麻早の曲で「今朝はちょっぴり紅茶を濃くしてみました~~~あきらめてあきらめて
みるけれど、時の流れがわかるだけ」という歌詞の歌は好きでよく口ずさむのだが
タイトルが判らなかった。「わすれたいのに」と言う曲であることが今回わかった
閲覧者のコメントも読んでみると、いろいろな情報を知ることが出来た。高田真樹子
の娘さんが 同じ「屋根」でデビューするらしい。ウィシュのもうひとつの代表曲
六月の子守唄」は「みにくいあひるの子」というグループが歌った曲だという
素敵な歌を沢山作ったウィシュだから これも オリジナルだと思ってた 確かめると
作詞作曲は、伊豆丸さんじゃなかった、「木曾は山の中」を歌っていたのが、「ボヘミアン」
をシャウトしていた葛木ゆきだと言うことを知らない人も多かった。
柴田まゆみの「白いページの中に」はよく聞く歌だ。先日 松任谷由美が「わたしの一番
好きな曲」といって これを自分の番組で、かけていた。わたしも よく知ってる歌だったが
今回 柴田まゆみ 本人がうたう映像を見て、こみ上げるものを感じ 特別な歌になってし
まった。いすに座りギターを弾きながらマイクに向かって歌ってるように見える姿は地味だった
芸能人ミュージャンということで想像する派手さはない。失礼な言い方だけど 男っぽい感じ
堂々と歌ってる。この姿と歌声を聞きながら、あらためてこの曲のすばらしさを知らされた
この人がこんな曲を作ったんだ、そして この素敵な声の持ち主がこの人 この人の
思い が伝わってくるんだと、思うと 震えてきた 細かいメロディーの上がり下がりが
あって難しい曲のように思えるが歌ってみると 歌いやすい サビの部分は自然な流れ
で、出来ていて 故意に盛り上げようとしてない。本来なら物足りなさを感じるかもしれないが
十分に 聞く人の心に響いてくる。30年以上前の歌だが いま 私のフェバリットソングになっ
た暫くは、こればかり歌ってるかも。投稿コメントも全部読んだ。ほとんどの人が柴田まゆみの
歌っている映像を見るのがはじめてだった。この歌を好きな人達だから当然だけど 「涙がこみ
上げて来た」と言う人ばかりだった。そしてずっとミュージックシーンで、活躍して欲しかった、と。
まだ聴きたい曲は 沢山ある。中島みゆきが「時代」を歌った年の春の大会でグランプリだった
七福神「渡り鳥」、彼等はプロにならなかった。もし プロになってたら、中島みゆきと同じくらい
にミュージックシーンを花々しく飾ったことだろう。ウィシュが作って 高岡美智子が歌った
「私がむかし好きだった人」。シモンズが歌ってた「花吹雪」。聞いてみて「あ!この歌懐かしい」
と思う曲が いっぱいだろう。そして 今はメディアに出てこない人達がほとんどだ。どうしている
のかも興味がわく、とくに、あの頃小学生だった チューインガムの二人はどうしてるんだろう、
今回も聞いたが「風と落ち葉と旅人と」は、ずっといい曲としてメディアに流れている
曲が 生きていれば その 作り手も 一緒に生きていると言うことか

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんにちは!

加計呂麻島はISDN回線のため、youtubeで1曲聴くだけでも待ち時間でストレスが溜まりそうですが、この時代の曲はそれ以上の価値がありそうですね。

懐かしの「コッキーポップ特集」を、ありがとうございました。

コーヒーの話なども面白く読ませていただいています。
【2008/06/27 19:02】 URL | 何でもあり #Q474gDGI[ 編集]

何でもあり さん も、聞いてたんですか

同じ 世代ですかね

諸鈍の でいご情報 で、 沢山の並木、堤防沿

いの道とか 写真を楽しませていただきました

こちらからも 感謝を 伝えなければと思ってた

ところです。 ありがとうございます
【2008/06/28 00:26】 URL | 店主 #mZ/5EvT2[ 編集]

覚えていてもらえて嬉しいです・・。

 偶然見つけて寄ってみました(笑)
【2009/10/15 18:38】 URL | shibayoh #-[ 編集]

shibayohさん って
柴田容子さん ご本人ですか!
ビックリ そして感激です。
shibayoh日記読ませていただきます
【2009/10/16 09:47】 URL | 店主 #mZ/5EvT2[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://coffeekawamoto.blog55.fc2.com/tb.php/94-5d85a115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)